前へ
次へ

営業求人で失敗しない転職のコツ

転職ができたのに、入社してから想像していた業務内容や社風が違うことから、早々と「転職は失敗だった」と決めてかかる社員がいたら、上司や先輩方はどんな対応を図るべきでしょうか。
特に、営業求人に多い相談内容ですが、今は難しくとも目的が実現できそうならば、失敗ではなく、将来への課題である、そうした答えをする上司もいるようです。
アポ取りばかりでお客さんとの接点がほしいなら、いずれ持てるかもしれません。
もちろん、再度転職を視野に入れてもやむを得ないのは、内定時に提示された内容と異なる場合でしょう。
営業求人ではチーム営業も増えていますが、求人情報では業務を共有する文化風土を謳っていたのに、それがなかったのなら、検討してみましょう。
しかし、労働相談にもあるように、まずは、上司や社長に交渉してみることです。
社員いての会社であれば、社員の声に耳を傾けるはず、しかも営業マンは信頼関係を築いてなんぼの世界です。
その信頼関係が会社で築けないのは有り得ないことです。

Page Top